循環型リサイクルの推進

大近は、“循環型リサイクル”をめざしています。

大近は、“循環型リサイクル”をめざしています。

“循環型リサイクル”推進への取り組み

1.資源ゴミの分別を、より一層推進します。

  • 全従業員の理解とヤル気を向上
    • ゴミの出し方、分別に関するルールを徹底
    • 従業員から分別のアイデアや工夫を募集
    • 部署毎に担当責任者を任命して管理を徹底
  • 店舗、事業所の巡回指導による徹底
    • 店舗、事業所に分別マップを掲示
    • 優良店舗、事業所は表彰

2.廃棄物を出さない工夫を呼びかけます。

  • 店頭において
    • お買い物袋持参運動、過剰包装廃止を拡大
    • 裸売り、食品トレーの簡易化など販売方法を改善
  • 産地において
    • 出荷時のトリミング、調整によりムダを除去
    • ダンボール廃止と通い函(コンテナ)の使用を徹底
  • 工場において
    • 原料の包装簡素化を業者に呼びかけ
    • ダンボールの廃止、通い函(コンテナ)の使用を拡大

3.廃棄物活用のシステムづくりを推進します。

  • 大近リサイクルセンターを設立
    • 生ゴミを削減 ・生ゴミの堆肥化&飼料化を推進
  • 契約農家・牧場の拡大
    • 堆肥 & 飼料の供給による安全な食品づくり
  • リサイクル業者とのタイアップ
    • 信頼できる業者との協力体制を強化
    • 再利用システムと循環型リサイクルの確立
    • ダンボール紙回収再資源
    • 缶、ペットボトルの回収 ・廃食油の回収